仮想通貨を買う

初心者と主婦と中級者が「仮想通貨を買う」
そんな日常サイトです

ウェルスナビを始めてみた

2月になりました!コインチェックのNEM流出ニュースや仮想通貨全体の価格の下落もあり、不安な気持ちになる今日この頃ですね。

皆さん、分散投資してますか?
ちはるは、2017年の11月からウェルスナビ(WealthNavi)を始めてみました。始めるのも簡単で、入金や積立の設定をすれば放置できてとっても楽なのでおすすめです。

ウェルスナビとは

ここ数年、フィンテック(Fintech)という言葉をニュース等でよく聞くようになりました。フィンテックとは、「ファイナンス」+「テクノロジー」の造語で、テクノロジーを利用した金融サービスのことです。このフィンテックの1つにロボアドバイザー(略称:ロボアド)があります。

ウェルスナビは、このロボアドが、投資対象となる金融商品と配分について決定し、その後の購入、リバランス等を全て行ってくれるというものです。

リバランスは、購入した金融商品の運用状況に応じて、資産配分を調整するような売買を行うことです。投資ではこのタイミングや配分が難しいと言われています。ウェルスナビでは、ノーベル賞を受賞したポートフォリオ理論などに基づき、世界の富裕層や機関投資家など一部の人間だけが享受してきた高度な金融アルゴリズムによる資産運用を行えると謳っています。

ロボアドで資産運用をするものは他にもたくさんありますが、ちはる的には、「ノーベル賞を受賞したポートフォリオ理論って、よくわからないけど何だかすごい自信あるんじゃないの??」って期待しています。

ウェルスナビの投資対象

米国に上場されている全てのETF(上場投資信託)の中から、長期運用実績のあるものや純資産の多いもの等を選定しているそうです。1つのETFに投資するのではなく、複数の銘柄を組み合わせて分散投資することによりリスクを分散させています。

投資銘柄は米国株(VTI)、日欧株(VEA)、新興国株(VWO)、米国債権(AGC)、物価連動債(TIP)、金(GLD)、不動産(IYR)の7つです。

これらの投資銘柄を、ユーザの毎のリスク許容度に応じて分配して投資を行います。

リスク許容度とは

ウェルスナビをはじめるにあたって、最適な運用プランを決定する必要があります。

プランを決定するために、6つの質問に答える必要があります。

Q1:現在、何歳ですか?

Q2:年収はおおよそいくらですか?

Q3:金融資産はおおよそいくらですか?

Q4:毎月の積立額は?

Q5:資産運用の目的は?

Q6:株価が1ヶ月で20%下落したら?

これらの質問に答えると、診断結果が表示されます。

正直、今の質問からどうしてこうなったの?と疑問が湧き出てきます。なんで元本820万?とか。。

これは、100万から投資を開始して毎月3万積立した場合ですね。1年で3万×12=36万で、20年で36万×20=720万だから、100万+720万=820万なんですね。1,127万まで増えれば307万増です。グラフから感じられることは、長期運用すると資産の伸びが大きくなるってことですね。あとは、初期投資額を上げればもうちょっと増加が望めるんじゃないかとか。

このシミュレーションで、だいたいの初期投資額と積立額を決めてしまえばいいかなーって思います。ここで質問の回答をちょっとずつ変えるとリスク許容度が簡単に変わってしまうので、「もう一度診断」を何度も繰り返さないことをオススメします(運用開始してから診断しなおすよりはよっぽどいいと思いますが)。

余談ですが、ちはるは運用開始してから診断しなおしてしまったようで、許容度が変わってしまい、購入したばかりなのに、投資配分が変更され、気付いたときには投資銘柄の売買が行われていました。これってリバランスですね。これは、ロボアドの使い方として想定されていないリスクのようです。

ロボアドは、あくまでも運用開始してしばらく経過してから運用状況をみてリバランスするのです(1年に1回とか)。皆さん、ロボアドの予期せぬタイミングでリバランスしてしまわないよう、許容度の変更にはお気をつけください!!

開始する?しない?

色々悩む前に口座開設してみたらいいと思います。入金すればいつでも始められるからです。資産運用するにあたって、必要なのは初期投資額10万円です。積立はあとで設定できるので、必ずしなければならないわけではありません。でも積立した方が、楽しみは増えるかなと思います。

ウェルスナビの手数料は年1%ですが、これは10万円の投資額の中から差し引かれるようです。ちはるは30万からウェルスナビを始めたのですが、初めての入金のとき、30万円分のETFが購入されなかったのでなんでだろう?って不思議に思ってしまいました。29万円程度のETFが購入され、1万円くらいの現金預金が残っていたのです。

これは、ウェルスナビがあとで手数料を回収するためにそのような仕様になっているみたいです。きっとどこかに書いてあったのでしょうけど、見落としていたみたいです。考えてみればそりゃそうですよね^^;

手数料年1%ははっきり言って安くないと思います。でも高くもないかな。

投資の手始めとしては、慣れたら自分で同じように購入し、リバランスしてみることもできるでしょうし、やめることもできるわけですから、まずはやってみることをおすすめします。

まとめ

ロボアド投資が気になっているなら、始めてしまいましょう!毎日運用状況が変わって面白いです。2017年11月〜始めて今はプラスになっていますが、1ヶ月くらいはマイナスの日々でした。ウェルスナビについて書かれた他のブログなどではみんなプラスになっていて、正直もっと早く始めていれば・・・と思いましたが、積立で長期運用してこの先様子を見るつもりです。

ウェルスナビに関してまだまだ書きたいことがあるので、また別の記事にしたいと思います。

以上、ちはるでした。

 

Pocket

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で