仮想通貨を買う

初心者と主婦と中級者が「仮想通貨を買う」
そんな日常サイトです

日本ブロックチェーン協会(JBA)とは?サクッとこれだけ知っておけばOK

Hello、ペロ蔵です。
仮装通貨の基盤技術であるブロックチェーン。もうほとんどの人が言葉は聞いたことあるでしょう。ペロ蔵はWeb関連の仕事をしているので、こういう技術は好きです。それでまぁこういったものには、なんとか協会ってのがつきもので、例えばデザインには「公益社団法人 日本グラフィックデザイナー協会(略称:JAGDA/ジャグダ)」なるものがあります。

もちろん、もれなくブロックチェーンにもありました。

その名も

一般社団法人 日本ブロックチェーン協会(略称:JBA/ジェイ・ビー・エイ)

ベタネーミング。
英語だと「Japan Blockchain Association」。

もう一つ、

ブロックチェーン推進協会(略称:BCCC/ビー・シー・シー・シー)

長音符多いなぁ。
英語だと「Blockchain Collaborative Consortium」。

正直、仮想通貨の取引のために覚えておく必要はないですが、これからICOなども増えていくであろうと思うので、簡単にでも知っておいて損はないでしょう。「ブロックチェーン推進協会」についてはまた今度。今回は「日本ブロックチェーン協会」について。

設立の経緯

簡潔に言うと、銀行とかベンチャーとかがブロックチェーンを使って新しい事業やサービスを発展させていくから、サービス開発者も利用者もみんなが安心・安全に利用できるように環境・制度を整えていこう というのが設立の経緯です。

設立は2014年9月12日。9月12日はアンパンマンの声をしている戸田恵子さんの誕生日です。もう覚えましたね。
また、名称変更日が2016年4月15日とされています。名称変更とはなんぞやと見てみると、

“日本価値記録事業者協会(JADA)を改組して設立された”

とあります。日本価値記録事業者協会の公式サイトはまだ残っていて、そこにも記述があります。

「改組(かいそ)」なんて普段聞かないのでなんだって感じですが、字の通り、組織を改める こと。まぁ要するに組織編成をいじって名称を変えて再始動みたいなことです。

ビットコインによってブロックチェーン技術に対する重要性が急速に増大したから、その環境変化に対応するためにブロックチェーンを活用したサービスを提供する事業者で改組したようです。理事・監事に名を連ねるのは、代表理事がbitFlyer代表取締役の加納 裕三さん監事にCoincheck代表取締役社長の和田 晃一良さんと有名な仮想通貨取引所の方々です。

活動内容

どんな活動をしているのかというと、事業内容として下記の8つを挙げています。

1. ブロックチェーン技術の社会インフラへの応用、政策提言
2. 仮想通貨交換業者向けガイドラインを作成、監査
3. 関係省庁(経済産業省、金融庁、消費者庁、警察庁、国税庁 等)や関係団体(全国銀行協会等)との連携及び意見交換
4. 事業者間の交流・情報交換・勉強会の開催
5. 仮想通貨及びブロックチェーン技術を利用して、新規事業化する法人への支援
6. 国内でのPRなどのイベントを主催
7. 海外の事業者団体との情報交換や連携
8. 国内の仮想通貨利用者団体及び関係団体との情報交換や連携

うん、で具体的に何やってんの?って感じですね。事業内容の書き方はこういうものだから仕方ない。要するに、設立の経緯でお伝えしたことと同じです。あなたも深くまでは興味ないと思いますので詳細は割愛します。興味があればリンク先のニュースから気になる記事を読んでみてください。
日本ブロックチェーン協会公式サイト ニュース一覧

あっ、でもこれは興味あると思うのであとで読んでおくことをオススメします。
国税庁より「仮想通貨に関する所得の計算方法等について」が公表されました

協会会員も有名揃い

協会なので会費を支払うことで会員になれます。カテゴリは、正会員/仮想通貨部門(プラチナ・ゴールド・シルバー会員)正会員/ブロックチェーン部門(プラチナ・ゴールド・シルバー会員)賛助会員(賛助会員・準賛助会員)に分かれています。カテゴリによって、月額の会費は3,000円〜100,000円。学校法人や自治体は月額無料です。

それで、会員には有名企業から初めて知る企業まで実に様々です。耳に目にしたことがあるだろうところで挙げると、 bitFlyerCoincheckGMOコインVALUMicrosoftavexグノシー日本IBM大日本印刷三井住友海上JTB上智大学理工学部大黒屋 などと錚々たる顔ぶれです。もし、あなたが社長や決済権があるなら、会員になってみては。

まとめ

というわけで、これだけ覚えていってください。
・日本価値記録事業者協会(JADA)をブロックチェーン事業者で改組して設立された協会である
・ブロックチェーン技術を利用した事業やサービスが多くなるからその環境・制度を整えることをしている
・仮想通貨取引所のbitFlyerやCoincheckの代表取締役が理事・監事を務めている
・会員には有名企業が多数いる
・ブロックチェーン推進協会とは別組織である

日本ブロックチェーン協会に多くの企業が参加することで、それこそ1社が強いというような中央集権にならないといいですね。まぁブロックチェーン推進協会の代表理事の会社は仮想通貨取引所「Zaif」に出資していますし、そんなことにはならず、いい感じに議論や制度が行われるんじゃないですかね。

ちなみに、略称のJBAは「公益財団法人日本バスケットボール協会(Japan Basketball Association)」にも使われています。というかJBAで検索するとバスケの方が検索順位が上。バスケも盛り上がるといいですね。

以上「日本ブロックチェーン協会(JBA)とは?サクッとこれだけ知っておけばOK」でした。
by ペロ蔵

Pocket

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で